M&A(収益物件の運営権等)

家フリマ利用方法の概要画像

M&Aは新規事業や市場への参入、企業グループの再編、事業統合、経営が不振な企業の救済、資金手当てなどを目的として実施さています。
日本国内では中小企業の後継者問題などで特にM&Aが用いられています。
日本の中小企業のM&Aの譲渡側の動機として多いのは、「後継者問題」および「事業の将来性の不安」の二つともされています。
非上場会社の経営者が事業の継承を考えた時、選択肢としては「親族または社員への継承」「株式上場(IPO)」「清算」「M&A」という4つがありはするものの、実際は最初の2つは諸条件をクリアして実現できることは稀で、「清算・廃業」は従業員にとって最悪の選択肢で、結果としてM&Aという選択肢が選ばれる傾向にあります。

現在、ホテル・旅館等を経営されこの様な諸問題でお悩みの経営者さんは、是非ご相談下さい。経験豊富なスタッフが対応致します。

  • 対象:ホテル・旅館
タイトルとURLをコピーしました